【これが原因】デスクワークでの肩・腰痛は肩甲骨のストレッチで改善

体のこと

いや~、最近デスクワークが多くて、肩と腰がいたいわ~

っていう方、多いですよねえ。

 

パソコンの普及で仕事の負担は減ったけど、パソコンの仕事がふえて

集中的なデスクワークから、肩と腰に負担が・・・・。

 

Sponsored Link

姿勢がわるい ⇒姿勢を正すと、なおる

結論を言うと、

肩甲骨を寄せて、背骨をまっすぐにして、肩・腰のふたんはなくなるんです。

その理由なんかを、自分の体験談をもとに、書いていきますね!

 

 

腰痛の原因は姿勢のわるさ

では原因は何かと言うと、座ったままで背中が丸くなると、

背骨と骨盤のつなぎめ(腰あたり)、背骨と頭の骨の間(肩あたり)、

に負荷が集中します。

 

なぜかと言うと、頭は重いので、頭を支えている部位が、がんばります。

 

言い換えると、腰や肩の筋肉ががんばります。

 

がんばり続けると、筋肉痛になります。だから痛い!

 

腰・肩の筋肉をがんばらせないためには、

頭を背骨の真上に置いておけばいいんです!

 

・・・よく、わからないですよねえ。

要は姿勢を正すと(背骨をまっすぐにしておくと)いいんです。

 

自分の姿勢に意識を向けることが大事

とは言うものの、なかなか難しい・・・。

 

なぜかと言うと、現状は仕事に意識が集中していて、

自分の体の体勢なんて、どうしてるかわからない!

と、思われます。

 

だからまずは、デスクワーク作業中にどんな姿勢をしているのか、

自分で確認してみてください。

 

 

たぶん、背中がまるまっているはず・・・。

 

じゃあ、背筋を伸ばしておけばいいんじゃん!

って聞こえてきそうです。

 

が、しかしもう少し、意識しやすく、続けやすいポイントを紹介します。

 

肩甲骨をよせる

ふだんは意識しない部位かと思いますが、

左右の肩甲骨を背中の方で、寄せるようにすると、

自然と、背骨はまっすぐになり、頭も背骨の真上にきます。

 

 

最初はうまく動かないと思いますが、だんだんとほぐれてきて、

肩甲骨が動くようになってきます。

 

この動作自体が、肩まわりの血のながれを良くして、

肩コリが改善します。

 

急な部署移動により、腰痛が発症

以前は、商品管理をしていて倉庫の中を走りまわっていたんですが、

欠員により、急に経理をすることになったんですね。

 

経理なんてデスクワークの代表格じゃないですかー!?

 

3日で腰に痛みがやってきました  orz

 

なんとかできないものかと、試行錯誤をして、

姿勢がわるいことが原因だと、行き着きました。

 

姿勢はもちろんだが、プラス筋トレ!

姿勢がよくなっても、それを支えるのが、筋肉なので、

筋力アップは、姿勢の長い時間の維持に必要ですね。

 

一番効果がでたのは、体幹のトレーニングでしたよ。

その中でもプランクってやつ。

ココんとこの話は、また別で書きました。

 

まとめ

デスクワークからの肩・腰の痛みは、

100%座った姿勢のわるさが原因なので、

 

肩甲骨をよせて、背骨をまっすぐにすると、

肩・腰の負担が減って、改善しますよ~

 

というお話でした。

 

ぜひぜひ、やってみて下さい!

 

コメント

  1. […] 一緒に肩甲骨を寄せようとするとさらに効果的!肩甲骨のストレッチでいいこといっぱい。 […]

タイトルとURLをコピーしました